Doorkeeper

介護報酬改正で問われる「介護現場のICT化」を補助金活用で推進 ~現場業務負荷軽減ツール紹介(AI入力予測ツール「記録NAVI」・AIx見守りサービス「kizkia-Knight」)~

2021-06-15(火)16:00 - 17:00 JST
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
各社のプライバシーポリシーに同意して、セミナーにお申込みください。緊急連絡先 として、マジセミのドメイン(@osslabo.com、@majisemi.com)を迷惑メールに入らないようにしてください。

詳細

本セミナーは終了いたしました。

お申込・ご参加いただき誠にありがとうございました。

資料は、アンケート回答者のみの配布となりましたので一般への公開はございません。ご了承くださいませ。


本セミナーはWebセミナーです

ツールはMicrosoft Teamsを使います。URLは直前にメールにてご連絡いたします。
teams@osslabo.com」からのメールが迷惑メールとならないよう、メールの設定をご確認ください。
セミナー当日、参加方法が分からない場合は、teams@osslabo.comまでご連絡ください。

2021年度介護報酬改定の重要ポイントは「ICT活用」

2021年4月に施行された介護保険法改正。地域包括ケアシステムや自立支援など従来の取り組みに加えて、新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症対策や介護現場のICT化が介護報酬改正の大きなポイントとなりました。

特に「ICT活用」については、介護報酬の評価基準や加算算定などにも反映されるため、事業所の収益向上の観点からも、その推進が求められています。

ICT化の推進に当たっては補助金を有効に活用すべき

現在、政府は介護施設などの中小企業・小規模事業者のICT導入を支援する「IT導入補助金」制度を設けています。

2021年度の同制度では「低感染リスク型ビジネス枠」が創設されるなど、介護事業者が抱える課題やニーズに合ったツールを導入する経費の一部を補助してもらえます。介護現場のICT化を推進するためには、この制度を有効活用することが重要となるでしょう。

ICT活用による現場の業務改革の実現例

介護現場におけるICT活用は、介護スタッフの慢性的な人材不足、深刻化する現場業務の負荷軽減や生産性向上にも貢献できます。たとえば、高齢者などの被介護者の安否や健康状態をリアルタイムにモニタリングする「高齢者見守り」サービス、現場スタッフの大きな負担の1つである介護記録などの事務作業を効率化できる入力ツールなどが注目を集めています。

これらを活用することで、「夜間の見守り業務」や「スタッフ間の情報共有や記録業務」などの効率化を実現し、限られた人員で最適な介護サービスを提供することが可能になります。

補助金制度を利用した介護現場のICT化、業務改革に役立つツールなどを紹介

本セミナーでは、介護保険法改正におけるICT化推進や2021年度の補助金制度における申請のポイントなどを分かりやすく解説します。また、介護現場の課題を解決できるICTツールの具体例として、数クリックで介護記録が作成できるAI入力予測ツール「記録NAVI」、AIと赤外線センサーによる被介護者のプライバシーに配慮した見守りサービス「kizkia-Knight」をご紹介いたします。

介護現場の業務の効率化や作業の負荷軽減、提供サービスの質向上を実現したい介護事業者の方は、ぜひ本セミナーにご参加ください。


15:45~16:00 受付

16:00~16:05 冒頭挨拶(マジセミ)

16:05~16:35 2021年4月施行の介護保険法改正におけるICT化推進のポイント(三菱電機ITソリューションズ株式会社)

2021年4月に施行された介護保険法改正では、業務負担の軽減や業務効率化を目的として、介護事業者におけるICT導入を推奨しています。導入に役立つ2021年度「IT導入補助金」制度における申請ポイントを解説いたします。また、介護記録の品質向上と入力負荷軽減を可能にする介護AI入力予測ツール「記録NAVI」をご紹介します。

16:35~16:50 プライバシーに配慮した高齢者の見守り~介護現場の見守り業務の負荷軽減~(三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社)

介護現場における見守り業務の課題を説明するとともに、AIと赤外線センサーにより被介護者のプライバシーに配慮した新しい見守りサービス「kizkia-Knight」について、実際の利用シーンなどを交えてご紹介します。

16:50~17:00 質疑応答


主催

三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社


共催

三菱電機ITソリューションズ株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ

teams@osslabo.com

セミナー事務局

マジセミ株式会社

※リアルセミナーの場合は、当日は名刺を2枚お持ち下さい。Webセミナーの場合は不要です。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・海外から参加される方

・日本に活動拠点が無い企業の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにてご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所、及び、主催・共催・協賛・協力・講演の各企業へ提供します。ご記入頂いた個人情報は、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所及び主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、各社のサービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記入頂いた個人情報は、法で定める場合を除きご本人の同意を得ることなく第三者へ提供いたしません。利用目的遂行のため個人情報の取扱いを外部に委託する場合は、委託した個人情報の安全管理が図られるように、委託をする各社が定めた基準を満たす委託先を選定し、委託先に対して必要かつ適切な監督を行います。 お客様の個人情報に関する開示等は、お申し出頂いた方がご本人(代理人)であることを確認した上で、各社において合理的な期間および範囲で対応いたします。開示等の手続き、個人情報の取扱いに関するお問い合わせは下記のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 マジセミ株式会社 個人情報保護管理者 連絡先:03-6721-8548

コミュニティについて

マジセミ×先端技術・最新動向(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

マジセミ×先端技術・最新動向(「ITによるビジネス変革」を本気で追求するセミナー)

本コミュニティは、マジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所がプロデュースする、「マジセミ」のコミュニティです。 「マジセミ」とは、IT企業が単なる売り込みではなく、参加者のために本当に「役に立つ」情報を提供する、”本気”の問題解決セミナーです。 また、「マジセミ」を通じて企業がITの本質を理解し、ITの本当の力を最大限に活かして社会に貢献できるよう、「ITによるビジネス変革」を"...

メンバーになる